エボルタ電池鉄道ラッピング記念乗車券

T0018

販売価格:1,000円

セット内用:①前郷→吉沢 ②吉沢→矢島 ③矢島→西滝沢(小人) ④西滝沢→前郷(小人) ⑤前郷駅入場券

2015年11月に、単1形乾電池エボルタを動力に、川越工業高等学校電気科電車班の生徒さん達が製作した車両が、前郷-矢島区間を往復し、ギネス世界記録に登録されました。
2016年には、YR2002号車が「エボルタ電池鉄道ラッピング列車」として運行を開始。それを記念した乗車券セットです。

 

ありがとうYR1501記念乗車券(廃札硬券付き)

T0011

T0011--2T0011--3
旧運賃券の3月31日付で残った廃札全口座をセットしてます。

廃札券は不正防止のため、全て3月31日を刻印してます。
有人駅 羽後本荘駅・前郷駅・矢島駅それぞれ3種類を販売。(※羽後本荘駅は売切れました)
レターパックライト360円での配送が可能です。

切符の番号は選べませんのでご了承ください。

YR-3003運行記念乗車券(2種)

T0007

2014年3月20日に3次車 YR-3003が運行を開始した事を記念して記念乗車券。 裏面にはYR-3003号の主要諸元表、沿線地図、由利高原鉄道車両の歩みが掲載されています。サイズは、台紙の大きさが縦29.5㎝、横21㎝、乗車券1枚が縦6.5㎝、横17㎝です。

サイズ:(台紙)縦29.5㎝×横21㎝ (乗車券1枚)縦6.5㎝×横17㎝

宇宙戦艦ヤマト号 菖蒲カーニバル記念乗車券

T0005

価格:580円

由利高原鉄道では2011年~2014年まで宇宙戦艦ヤマト号を運行しております。2013年7月26日には、第28回「菖蒲カーニバル」で、宇宙戦艦ヤマトの主題歌の ささきいさお氏コンサートを開催。それを記念して記念乗車券を発行いたしました。羽後本荘駅で行き先によってハサミで切り落とす準常備券様式の記念切符です。
※2013年7月28日まで有効のため、ご乗車にはお使いいただけません。また通信販売では580円のみでの販売となります。

YR3002号運行開始記念乗車券

T0004

価格:700円

YR-3000形の二次車であるYR-3002が2013年3月21日より運行開始を記念した『YR-3002運行開始記念乗車券』です。前郷駅、子吉ー鮎川間などで雪の中を行くYR-3002の姿を佐藤和博氏が撮影。貫通幌の付いている側と付いていない側の2つの表情もそれぞれ捉えています。

YR-3000形デビュー記念乗車券、YR3002号運行開始記念乗車券セット

価格:1,400円

昨年緑のYR-3001がデビューした際の記念乗車券と、今回の赤いYR-3002の記念乗車券のセットです。

YR-3000形デビュー記念乗車券

T0001

価格:700円

2012年4月1日より営業を開始しましたYR-3000形を記念した『YR-3000形デビュー記念乗車券』セットです。

YR-3000形デビュー記念乗車券 & 矢島駅硬券入場券 セット

価格:860円

YR-3000形デビュー記念乗車券と、矢島駅硬券入場券をセットにしました。

記念切符3種類セット

価格 2,400円 お求めはこちらから

由利高原鉄道の記念切符3種類を1セットにしたものです
公募社長サミット6社合同記念入場券、YR-3001導入記念乗車券、YR-1500形最後の3両運転乗車券 のセットです。

由利高原鉄道開業記念乗車券(セラミック製)

T0003

もうどこにも無いと思われていた幻の「由利高原鉄道 開業記念切符」が某所より偶然発見されました!ついては、現品限りの特別販売を行います。

大正十六年、日本海と太平洋を結ぶ鉄道として計画され、私鉄横荘(おうしょう)鉄道として開業、昭和十二年に国鉄となり矢島まで開業。そして1985年10月、国鉄矢島線を引き継ぎ開業したのが由利高原鉄道鳥海山ろく線です。その開業記念切符はなんと、セラミック製。沿線のにかほ市で生産されている品です。表面に描かれているのは由利十二頭。信濃小笠原氏の一族とも伝えられる豪族です。その各家の多くが地名として残り、鳥海山ろく線の駅名「矢島」「子吉」「鮎川」「滝沢」ともなっています。

開業記念切にふさわしい、現代の技術と戦国時代の歴史が刻み込まれた切符です。ちなみに硬いセラミック製ですが切符部分と絵の部分の間に点線が入っており、ここで切り分ける事も出来ます。

 

切符表示の運賃は開業当初のものです。実際のご乗車にお使いになる場合は、以下の差額をお支払い下さい。

羽後本荘ー矢島 往復 160円
前郷ー久保田  20円
矢島ー前郷 40円

販売価格 1,540円

YR1500形 最後の3輌連結 記念乗車券

T0002

価格:700円

由利高原鉄道が開業した時からの「顔」とも言えるYR-1500形(当初のYR-1000形)。老朽化のため順次YR-3000形に置き換えが進んでいます。 9月30日に、現在3輌在籍のYR-1500形をすべて連結した「1500形3輌サヨナラ運転」が実施され、「YR1500形 最後の3輌連結 記念乗車券」が発売されました。

表面には長年にわたり由利高原鉄道を撮影されてきた佐藤和博カメラマンにより、美しく撮影された3輛のYR-1500形の写真。現色が3輛揃っての最初で最後の記念キップとなります。裏面には由利高原鉄道の車両増備のあゆみ、路線図、YR-1500形の形式図などがレイアウトされています。

※写真は製作データを元にしており、形式図の表現などは実物と多少異なる場合があります。

記念切符3種類セット

価格 2,400円

由利高原鉄道の記念切符3種類を1セットにしたものです
公募社長6社合同記念入場券、YR-3001導入記念乗車券、YR-1500形最後の3両運転乗車券 のセットです。